2012年04月02日

「レネー」の工場が完成  父の「畑」をNPOが借りることになりました

障害のある子どもたちの就労の場として、NPO「まあるいこころ」が運営する「菓子工房レネー」の新しい製造工場が完成しました。

僕の勤める福祉施設が建設資金を出し、NPOに賃貸する形ですが、福祉施設の隣に、3月末に完成し、今日から新しい事務所で仕事が始まっています。5月から、この新工場で、ケーキやパンの製造が始まるようです。

話をするなかで、「畑」を探しているとのことで、僕が仲介し、亡くなった父が借りていた畑(約100坪)を、代わって、このNPOが借りることになりました。
また、畑にある小屋の農具や、耕運機、すべてをNPOに寄付し、使ってくれることになりました。

「畑」の所有者の元校長のSさんも、障害者の社会参加と自立をめざす、この運動を理解してくれ、ほとんど「タダ」みたいな「賃貸料」で、気持ちよく貸してくれました。

ケーキ製造に従事するメンバーの「給食」を、春野に借りた「田んぼ」で米を育て、こちらの「畑」で、野菜を作り、「有機」で自給自足をめざすようです。
「農業」の仕事に就く障害者を、プロの元「百姓」が指導することになっています。

これまで25名の定員で、運営していましたが、工場も大きくなり、40名に増やす計画です。

僕の仕事も、4月からは、今までとは違い、「部分」でなく「全体」を見るような立場になりそうで、とうとう「福祉」の世界にどっぷり足を踏み入れることになってしまいました。

車の免許も取り、ヘルパーの資格も取りましたが、今以上に役に立つこともあるでしょう。

これで、「教育」の世界とは離れ、本格的に「福祉」の世界に踏み出すことになります。

ただ、「教師経験」は、高齢者との対話や、障害者の指導には役だっています。


写真は完成した新工場 4月2日撮影 

P1010155_R.JPG

posted by うんちくウメッチ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。