2012年04月01日

春の信州

家内の父はことし85歳,母は79歳。レタスを作り、2男、2女を育てました。高原レタスは村をあげて成功しましたが、無理に無理を重ねた身体は、病気も出てきて、心配も多くなりました。「ちょっと様子を見てこよう」
3月28日夕、高知を出発、夜に京都泊、アルバイトで生活している次男の様子を見て、翌29日に、信州の実家まで車を飛ばしました。

免許を取って1年。昨年9月には「軽」で挑戦しましたが、今度は家内と2人で交代で運転、家内の「普通車」で飛ばしました。往復1500キロの高速道路の運転は、やっぱり、普通車が楽、「軽」と比べ、静かでストレスが違います。全行程の三分の二は僕が運転しました。

春の信州行きは初めて。八ヶ岳や南アルプスに残る雪景色はよかったです。
30日は信州も最高の陽気でしたが、翌日は日本列島大あらし。寒い雨や雪がちらつき、また、冬へ逆転、4月1日は、マイナス5度の朝となってしまいました。

南国高知では、今年の冬の最低気温が、マイナス3度ぐらいでしたが、ここ信州では4月1日でマイナス5度。特に珍しいことではないようです。高知は今、桜が満開ですが、こちらの桜は5月の連休明けぐらい。

家内の実家のある南佐久郡川上村は、今年の冬は厳しく、マイナス26度の日があったとのこと、「信州のおじいさんとおばあさんの2人を、せめて冬だけでも、高知に来てもらったら、過ごしやすいのにねえ」と、よく話していますが、やっぱり、生まれ育ったところがいいのかもしれません。

昨年、57歳で取った車の免許、僕もいつまで長距離運転ができるかはわかりませんが、高知、信州、往復1500キロのドライブは、家内と2人では、今後しばらくできそうです。これからは、時間を見つけ、途中の高遠や、松本、ずっと奥の雪の飯山まで、足を伸ばしたい・・・そんな時間が持てる日を夢みています。

写真は八ヶ岳、南アルプス、マイナス5度の寒暖計、 薪ストーブをくべる家内の父


P1010041_R.JPG

P1010124_R.JPG

P1010114_R.JPG

P1010113_R.JPG
posted by うんちくウメッチ at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。