2012年02月25日

追悼 「とんちゃん」のオトーサン亡くなる。


高知の名物酒場であった「とんちゃん」の創業者、吉本健児さんが、2月24日、朝早く、亡くなりました。104歳、大往生です。
このブログでも「とんちゃん」のことは取り上げましたが、それを見た方(平本さん)がコメントを入れて下さり、知りました。平本さんが、どんな方かは知りませんが、感謝。

元「とんちゃん新聞」編集長竹内直人さんから、とんちゃんのオトーサンが重態だとは聞いていましたが、やはり、残念な結果となってしまいました。

吉本のオトーサンには、ほんとうにかわいがってもらいました。101歳まで、時々は「とんちゃん」2階の「指定席」でお客を眺めながら「聖書」を読んでいました。

こんな時は、必ず、竹内さん、森本忠彦、島村義一先生(この2人は絵描き)も一緒で、ここで飲んでから、近くのオトーサン行きつけの「銀」(スナック)で、カラオケ。
我が家の「書庫」の落成祝いにも、来てくれました。

オトーサンが僕につけたあだ名は「ガソリンをしょった男」。若い頃の「熱血」ぶりを評してでしょう。それとも、いつ火がつくか、危険極まりない男という意?

酒の飲めなかった僕が修行したのも、この酒場。「常連」とは言えない「出撃回数」でしたが、そこそこ飲めるまでには「成長」しました。

なにより、お酒の合間に聞いた話は「人生勉強」となり、いつも「元気」をもらいました。これが一番よかった。

吉本のオトーサンありがとう。やすらかにお眠り下さい。
今夜の「前夜式」に行ってきます。   
PS 
今夜の式は「救世軍」に所属するクリスチャンだったオトーサンにふさわしい式でした。ブログにオトーサンの死去を知らせてくれた平本さんは、なんと、今夜の式で祈祷された、救世軍西日本連隊長 平本宣広さんでした。式次第に平本という名があり、ご本人に確かめますと、「私がブログを見てお知らせしました」とのこと。全国に、こんなブログでも読んで下さる方がいるのに驚き、いや、感謝。

写真は今夜の前夜式

P1020051_R.JPG

P1020053_R.JPG
posted by うんちくウメッチ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。