2012年01月27日

久しぶりのI古書店

福祉施設は年中無休、職員は1月に一度は土曜か日曜に勤務します。そのかわり、普段の日が休み。

散髪がてら、久しぶりに帯屋町の!古書店へ。
店主がおられ、雑談。秋に下の息子が京都から帰っていた時、顔をだしていたようで、「息子さんは、なかなかの本好きですね。ちょっと、普通は買わないものを選んでいましたよ」とのこと。

1昨年、「I書店に行ってみたら」と勧めたら、『多留保集』(稲垣足穂全集 全8巻 潮出版社)を見つけて、買ってきました。前から欲しかったようで、I書店で見つけて感激していました。

京都の古書店でも、探せばあると思いますが、高知のI書店の方が安いみたい。すっかり、「I書店ファン」になり、帰ってきたら、必ず、顔を出すようです。店主から聞かされるまでは、秋に寄っていたとは知りませんでした。

京都の北白川に住んでいますので、「恵文社」や、あの「善行堂」にも寄っているようです。

僕の「古本屋」デビューも、I古書店。中学生の頃、おふくろを引っ張り出し、『日本の歴史』(全26巻 中央公論社)をねだって買ってもらったのが始まり。
おふくろは、この「全集」に、ついでに『日本史辞典』(角川書店 旧版)を一緒に付けてくれと、粘って交渉。店主(現店主の父 故人)は呆れていましたが、おふくろの「哀訴」に「根負け」。この『日本史辞典』は今も愛用しています。

あんなに、おふくろが粘った様子を見たのは、他にありません。死んだおふくろに感謝。

息子が「本好き」に成長(?)してくれましたので、「オヤジの本」は、そのまま譲るつもりです。僕が死んでも、始末に困り、そのまま「ブ」などへ流れることは無いでしょう。好きな本を残して、後は処分してもいいです。もっとも、僕には「本」のほか、譲る「財産」などありません。

1月24日に買ったもの
「岸田劉生」岩波新書
「八木重吉とキリスト教」教文館
「 崇高なる者 19世紀パリ民衆生活誌」岩波文庫
「自由人の暮らし方 池内紀の仕事4」みすず書房


posted by うんちくウメッチ at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。