2011年11月30日

やっと、地元で日の目を見た 石元泰博の作品

このブログを書き始めた1年前にも取り上げましたが(11月21日付)、高知で生まれ、アメリカで写真修行した石元泰博さん(1921年、アメリカ生まれ、3歳で父の故郷、土佐市高岡町へ帰郷、現在の高知農業高校卒業後、再渡米、日系収容所に入れられる。戦後、アメリカ、シカゴで写真を習得、再来日、その後、日本国籍習得)の写真展「写真家・石元泰博の眼−桂、伊勢」が高知県立美術館で開かれています。

1年前のブログで、僕は、せっかく石元さんが、高知に作品を寄託(寄付?)してくれたのに、地元では見ることができず、「死蔵」されていることに、異議を唱えました。

あの時は県外の水戸芸術館で大規模な写真展が開かれ、その作品のほとんどが、「高知県立美術館」から、貸し出されたもの。「水戸で見れて、高知では見れないのか!」と、怒りの声をあげましたが、高知でも、長い時間をかけて、今回の企画の実現にエネルギーを注いでいたようです。ごめんなさい。

写真小僧であった高校生の頃は、「報道写真」の方に興味があり、アメリカに亡命したバウハウス系の写真家たちに、直接習った石元泰博さんの作品は、モダンな要素が強く、桂離宮を撮った作品より、大都市シカゴを取った写真の方にしか関心がありませんでした。今回、地元の美術館が総力をあげて取り組んだ、写真展「桂、伊勢」に、改めて石元さんの力量を見せつけられました。

個人的には「伊勢」より、「桂」の方が好きです。それでも、2つの建築のすべてを細部まで、大型カメラで写しきった迫力を、石元さん手焼き(石元さんは自宅の暗室で、気に入るまで、暗室作業をすると、以前、聞いたことがあります)の白黒プリントで鑑賞できたことはうれしい。

ブルーノ・タウトは「泣きそうなくらい美しい」と言いましたが、桂離宮の美は、今では、石元に撮られた作品が世界に発信されています。ここまで「細部」を見つめた写真家は、日本にはいません。

写真展は12月18日で終わりますが、できるならば、手狭な県立美術館ですが、「石元泰博コーナー」を作って、代表作のシカゴ、桂、伊勢、その他の作品を常設展示(作品入れ替え)してほしいものです。

小さな地方美術館ですが、初めて訪れる方を案内する時、僕は初期のシャガールの油絵、石元泰博の写真、まだ知られてはいませんが、土方久功(ひじかた ひさかつ)の木彫を見せたい。


写真は「写真家・石元泰博の眼−桂、伊勢」ポスター


P1010790_R.JPG



posted by うんちくウメッチ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。