2011年04月20日

「宮澤賢治詩集と聖書がいい」   もろさわようこさんが帰ってきました


4月13日、沖縄から、僕の勤める「いきいきの里」に、もろさわようこさんが帰ってきました。

もろさわさんは東京の家を処分し、生まれ故郷の長野県佐久市望月に「歴史を拓くはじめの家」、沖縄県南城市玉城に「歴史を拓くはじめの家うちなぁ」、高知市長浜に「歴史を拓くよみがえりの家」を地域の「おんな」たちと運営し、この3つを拠点に活動していますが、もうひとつ、僕の勤める「いきいきの里」に部屋を借りています。

住民票も高知市に移し、今は「高知市民」、今度の市議会選挙にも投票権があります。
今回は27日まで滞在し、主に、部屋の片づけや、模様替えをしています。合間には共同通信による2日間の取材もありました。

僕も家具の据え付けや、本棚の整理を手伝いました。本棚は、必要な資料と、自分の著作のみ。いたってシンプルです。
また、部屋にはテレビを置かず、ラジオ派。「くだらないテレビで時間をつぶすと、書く時間が無くなります。テレビは食堂でニュースを見るだけでいい」、また、壁には「興福寺阿修羅像」はじめ、諸仏の写真を額装し、執筆しやすい部屋づくりに取り組みました。「この仏像を見ていると落ち着く」とのこと。

一緒に作業をしながら「もろさわさん、もし、今回の震災のように、すべてを失う事があったとしたら、その時、先生は数冊の本だけ持てるとしたら、どんな本ですか?」と質問しますと、「私はその時は宮澤賢治の詩集と、聖書です」との答えが返ってきました。

この答えには「うーん、なるほど」という気持ちもします。
一緒に作業をしながら、こんな話が聞けるのは楽しい。

もろさわさんは27日まで、高知に滞在。暑い間は信州の帰り、今度は秋に来るようです。


最新作「沖縄おんな紀行 光と影」影書房刊 2010,12

P1040497_R.JPG


posted by うんちくウメッチ at 19:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。やまんばと申します。
昨日、望月の家の集会に行ってきました。
こちらのブログのことを聞いておじゃました次第です。
もろさわさん、とても居心地がいいとおっしゃっておられましたが、12月9日の笑顔を拝見して、納得です。

ブログにリンクさせて頂きました。順序が逆になってごめんなさい。もし、不都合がありましたらお知らせください。
Posted by やまんば at 2011年05月13日 16:05
東京からのNさんをお連れして8月12日に高知市長浜「歴史を拓くよみがえりの家」を尋ねましたがお留守でした。
Posted by 下司孝之   at 2012年08月15日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。