2011年04月13日

車の運転には慣れてきましたが・・・・適正検査結果は正しい!


3月17日に「車」が届き、早速、乗り回しています。
なにせ、57歳で生まれて初めて「免許」を取りましたので、若い者とは違います。
ここはとにかく、乗り慣れて、「フツー」のドライバーにならんといかんと、毎日に通勤に使っていますし、仕事で病院に入居者を運んだり、お見舞いに行ったり、あらゆる場面で「車」を使うようがんばっています。

一番難しいのは「車庫入れ」「駐車」、これだけは、まだ、神経を使いますし、できるだけ、入れやすい駐車スペースを探して入れています。
今までは自転車だけでしたので、守る規則は信号の「赤、黄、青」だけ。車線変更も一方通行、駐禁もなく、信号の三色以外は「天下御免」でやってきましたので、「車」は本当にややこしい。

それにしても、世の中は「規則」どおりにはいかないようですね。「自動車学校」で習った「法規」を守って走っているドライバーは少ない。「初心者」からみると、これはほんとうに怖い。指示なしの車線変更、右左折での徐行無し、割り込み・・・・
以前から、土佐のドライバーのモラルの低さがよく言われてきましたが、本当に、いいかげんな運転が目につきます。「初心者」は、こうしたいいかげんさを見ると、「それでいいんだ」と、勝手な解釈をしてしまいはしないか、心配です。

僕は自動車学校の適正検査では、「動作の速さ」は10満点中の10点。しかし、「動作の正確さ」は5点。先生いわく、「速さの10点満点は55歳以上の教習生では,あまりいません。正確さの5点と総合的に判断しますので、U原さんは雑で、おおまか。危険にブレーキで対処するより、ハンドル操作で回避しようとする危険性があります。乗り出したら、この点に気をつけて下さい。一番いいのは、スピードを出し過ぎないことです」と、みごとに、自分の欠点を指摘されました。
性格は変わりませんので、この検査の結果は、100%、僕には当たっています。また、「あわて」で「イラレ」で「おっちょこちょい」。これも加えると「事故を起こしやすいタイプ」。こういう結果が出ることはわかっていましたので、とにかく「慎重」に走るしかありません。

4月9日、3か月入院した父が退院しました。元気になったとはいえ、足腰の弱さから、もう「車」に乗ることはないでしょう。
「スバル360」から乗り始めた、父のドライバー歴もこれで、おしまい。
これからは息子の「57歳初免許」、この「オンチャンドライバー」に選手交代です。
posted by うんちくウメッチ at 19:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
運営者 様

初めまして、山田と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: yuki.yamada.1985@gmail.com  山田
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)

何卒宜しくお願い致します。
Posted by 山田 at 2014年12月19日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。