2011年12月22日

あわただしい1年でした。本もあまり読めていません。

父の葬儀から1カ月。やっと落ち着いてきましたが、残務整理も後少し。借りていた畑も返さなくてはなりませんし、今後は書類ばかりでなく肉体労働が待っています。
そのまま100坪の畑を引き継げばいいのですが、100坪はあまりに広い。父は僕の年齢の頃は300坪、一反を借りていました。耕運機を買い、畑のふちに小屋まで建てた本格的な「百姓」でしたので、すべてを返すとなると、大仕事。

食の安全や、3,11以後の自分の生き方を変えていくならば、少しだけでも「百姓」するのがいいのですが、フルタイムで仕事をしていると、休みは身体を休めたい。そうなると、畑を返上するしかありません。

今年買った本は書籍ノートを見ると、約300冊。新刊は少なく、オークションや「ブ」で買った本がほとんど。費用はそれほどかかっていません。

これは良かった、、面白かった本  10冊ずつ

「ブ」での拾いもの  すべて105円

1、「アシスタント」と「短編集」マラマッド著 新潮文庫
2、「琥珀色の夢を見る 竹鶴政孝とニッカウイスキー物語」PHP
3、「一日の終わりの詩集」長田弘著 みすず書房
4、「極私的東京名所案内」坪内祐三著 彷徨社
5、「渓(たに)」冠松次郎著 中公文庫
6、「ベトナム秘密報告 下」サイマル出版
7、「風船爆弾」鈴木俊平著 新潮文庫
8、「エロティシズム」バタイユ著作集 二見書房
9、「フランス風にさようなら ニューヨーカー短編集」旺文社文庫
10、「聖書の大地を行く」 太田愛人著 大和書房

オークションで買ったもの

1、「アシジの聖フランチェスコ」 Gグリーン著 人文書院
2、「芸術新潮 ブリューネ・ヴァルトの全貌」 1983年9月号  新潮社
3、「メイエルホリド 粛清と名誉回復」    岩波書店
4、「ひとはどのようにして兵となるのか」上下 彦坂諦著 創樹社
5、「わたしは軍国少年だった」 川崎洋著 新潮社
6、「宗教改革の精神」 宮田光雄著 創文社
7、「シモーヌ・ヴェィユ伝」 ジャック・カポー著 みすず書房
8、「拒絶された原爆展」  みすず書房
9、「大衆文学論」 鶴見俊輔著 六興出版
10、「韓くにの風と人」 藤本巧写真集 フィルムアート社

地元の古書店で買ったもの

1、「先師先人」 竹之内静雄著 講談社文芸文庫
2、「道元  座禅ひとすじの沙門」 今枝受真著 NHKブックス
3、「現代の省察 森有正 垣花秀武対談集」  春秋社
4、「土着の仮面劇」 松永伍一著 田畑書店
5、「巨人伝 南方熊楠」 津本陽著 文芸春秋社
6、「日本文化への一視覚」 生松敬三著 未来社
7、「パリの断頭台」 ブルフィンチ著 法政大学出版局
8、「ユダヤ教の人間観」 Eフロム著 河出書房新社
9、「へそまがりフランス文学史」 渡辺一夫著  光文社カッパブックス
10、「わたしの戦後出版史」 松本昌次著 トランスビユー

本屋で買ったもの

1、「ワグナーとニーチェ」 F,ディスカウ著 ちくま学芸文庫
2、鈴木清写真集    白水社
3、「谷干城 憂国の明治人」 小林和幸著 中公新書
4、「ヴァルター・ベンヤミン」 仲正昌樹著 作品社
5、「侍とキリスト ザビエル日本航海記」 ラモン・ビラロ著 平凡社
6、「PAPA&CAPA」 阪急コミュニケーションズ
7、「海炭市叙景」「黄金の服」「移動動物園」 佐藤泰志著 小学館文庫
8、「たえず書く人 辻邦生と暮らして」 辻左保子 中公文庫
9、「映像から音を削る  武満徹映画エッセイ集」 清流出版
10、「思想としての編集者」 深井智朗著 新教出版社

書評や本屋で見て買った新刊本は少ない。ほとんど、読みたかったけれど、新刊では高かった本や、当時、買わずにおいた本ばかり。「こんな本もあったのか」と、喜んで手に入れた本も少し。冠(かんむり)松次郎の『渓(たに)』は、中公文庫で出た時は買わずじまい。その後、版切れ(絶版?)になり、探していたもの。学生時代、全国市長会でアルバイトをしていた時、Kさんという農水省OBと、山の話をしていて、黒部渓谷を調べ上げた冠松次郎の名前を出すと、Kさんが驚いたように「君は冠さんを知っているのか!」と、驚かれました。Kさんは農水省の現役時代、あの「黒部の神様」、冠松次郎と一緒に山に登ったとのこと、僕みたいな若造からまさか冠さんの名前が出てくるとは、驚きと感激で、その後、Kさんは、アルバイトの僕を見る目が変わり、かわいがってくれました。

渡辺一夫の『へそまがりフランス文学史』。こんな本を書いていたとは知りませんでした。これは、彼一流のユーモアがあり、肩がこらずに読める「名著」。

12月26日から、1月3日まで、家内が信州に里帰り。ひとりで静かに、学生時代以来の「独身」に戻ります。
いや、ひょっとして、「軽」にスタッドレスをはかして、また、信州向けて、冬の高速をぶっ飛ばそうか?  その時の気分次第。いや、やっぱり、静かにお正月を迎えるべきか?
思案中。



posted by うんちくウメッチ at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。