2011年12月22日

あわただしい1年でした。本もあまり読めていません。

父の葬儀から1カ月。やっと落ち着いてきましたが、残務整理も後少し。借りていた畑も返さなくてはなりませんし、今後は書類ばかりでなく肉体労働が待っています。
そのまま100坪の畑を引き継げばいいのですが、100坪はあまりに広い。父は僕の年齢の頃は300坪、一反を借りていました。耕運機を買い、畑のふちに小屋まで建てた本格的な「百姓」でしたので、すべてを返すとなると、大仕事。

食の安全や、3,11以後の自分の生き方を変えていくならば、少しだけでも「百姓」するのがいいのですが、フルタイムで仕事をしていると、休みは身体を休めたい。そうなると、畑を返上するしかありません。

今年買った本は書籍ノートを見ると、約300冊。新刊は少なく、オークションや「ブ」で買った本がほとんど。費用はそれほどかかっていません。

これは良かった、、面白かった本  10冊ずつ

「ブ」での拾いもの  すべて105円

1、「アシスタント」と「短編集」マラマッド著 新潮文庫
2、「琥珀色の夢を見る 竹鶴政孝とニッカウイスキー物語」PHP
3、「一日の終わりの詩集」長田弘著 みすず書房
4、「極私的東京名所案内」坪内祐三著 彷徨社
5、「渓(たに)」冠松次郎著 中公文庫
6、「ベトナム秘密報告 下」サイマル出版
7、「風船爆弾」鈴木俊平著 新潮文庫
8、「エロティシズム」バタイユ著作集 二見書房
9、「フランス風にさようなら ニューヨーカー短編集」旺文社文庫
10、「聖書の大地を行く」 太田愛人著 大和書房

オークションで買ったもの

1、「アシジの聖フランチェスコ」 Gグリーン著 人文書院
2、「芸術新潮 ブリューネ・ヴァルトの全貌」 1983年9月号  新潮社
3、「メイエルホリド 粛清と名誉回復」    岩波書店
4、「ひとはどのようにして兵となるのか」上下 彦坂諦著 創樹社
5、「わたしは軍国少年だった」 川崎洋著 新潮社
6、「宗教改革の精神」 宮田光雄著 創文社
7、「シモーヌ・ヴェィユ伝」 ジャック・カポー著 みすず書房
8、「拒絶された原爆展」  みすず書房
9、「大衆文学論」 鶴見俊輔著 六興出版
10、「韓くにの風と人」 藤本巧写真集 フィルムアート社

地元の古書店で買ったもの

1、「先師先人」 竹之内静雄著 講談社文芸文庫
2、「道元  座禅ひとすじの沙門」 今枝受真著 NHKブックス
3、「現代の省察 森有正 垣花秀武対談集」  春秋社
4、「土着の仮面劇」 松永伍一著 田畑書店
5、「巨人伝 南方熊楠」 津本陽著 文芸春秋社
6、「日本文化への一視覚」 生松敬三著 未来社
7、「パリの断頭台」 ブルフィンチ著 法政大学出版局
8、「ユダヤ教の人間観」 Eフロム著 河出書房新社
9、「へそまがりフランス文学史」 渡辺一夫著  光文社カッパブックス
10、「わたしの戦後出版史」 松本昌次著 トランスビユー

本屋で買ったもの

1、「ワグナーとニーチェ」 F,ディスカウ著 ちくま学芸文庫
2、鈴木清写真集    白水社
3、「谷干城 憂国の明治人」 小林和幸著 中公新書
4、「ヴァルター・ベンヤミン」 仲正昌樹著 作品社
5、「侍とキリスト ザビエル日本航海記」 ラモン・ビラロ著 平凡社
6、「PAPA&CAPA」 阪急コミュニケーションズ
7、「海炭市叙景」「黄金の服」「移動動物園」 佐藤泰志著 小学館文庫
8、「たえず書く人 辻邦生と暮らして」 辻左保子 中公文庫
9、「映像から音を削る  武満徹映画エッセイ集」 清流出版
10、「思想としての編集者」 深井智朗著 新教出版社

書評や本屋で見て買った新刊本は少ない。ほとんど、読みたかったけれど、新刊では高かった本や、当時、買わずにおいた本ばかり。「こんな本もあったのか」と、喜んで手に入れた本も少し。冠(かんむり)松次郎の『渓(たに)』は、中公文庫で出た時は買わずじまい。その後、版切れ(絶版?)になり、探していたもの。学生時代、全国市長会でアルバイトをしていた時、Kさんという農水省OBと、山の話をしていて、黒部渓谷を調べ上げた冠松次郎の名前を出すと、Kさんが驚いたように「君は冠さんを知っているのか!」と、驚かれました。Kさんは農水省の現役時代、あの「黒部の神様」、冠松次郎と一緒に山に登ったとのこと、僕みたいな若造からまさか冠さんの名前が出てくるとは、驚きと感激で、その後、Kさんは、アルバイトの僕を見る目が変わり、かわいがってくれました。

渡辺一夫の『へそまがりフランス文学史』。こんな本を書いていたとは知りませんでした。これは、彼一流のユーモアがあり、肩がこらずに読める「名著」。

12月26日から、1月3日まで、家内が信州に里帰り。ひとりで静かに、学生時代以来の「独身」に戻ります。
いや、ひょっとして、「軽」にスタッドレスをはかして、また、信州向けて、冬の高速をぶっ飛ばそうか?  その時の気分次第。いや、やっぱり、静かにお正月を迎えるべきか?
思案中。

posted by うんちくウメッチ at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

ゼロ戦乗りの回想  アメリカの考え方に驚く

11月に入所したMさん(90歳)は、元、ゼロ戦のパイロット。南方のトラック島で曹長(終戦時は少尉)。お昼の時間に同じテーブルで、時々、戦争当時の話を聞き出しています。

Q 訓練はどこで?
A 大分の柳ヶ浦じゃ。(大分県の宇佐の海軍航空隊)

Q トラック島へはいつ?
A 昭和18年の3月

Q おもに搭乗した飛行機は?

A ゼロ戦(本人はレイ戦といいます)の52型

Q 不時着したことがあるそうですが?

A いつも自分の載っている機に燃料を入れてくれたことを知らず、別の機(通信士と2人乗り)で偵察任務に出たため、それが自分には伝わっておらず、燃料が途中でなくなり、サンゴ礁の外の小島の浜辺に命がけで不時着した。

Q一番驚いたことは?

A 撃墜されたアメリカのグラマンが、ほとんど壊れないまま回収された。その機体を見た時、アメリカの飛行機は金属部分は磨いたりせず、切断面など、ささくれだっていた。まるで,で
きたばかりのような仕上げだった。日本の飛行機は一機一機、きれいに磨いていたが、アメリカは、そんなことをせず、たくさんの飛行機を作っていることを、目のあたりに見た。エン
ジンは馬力も強そうで大きかった。
軍の上層部にこのことを報告したが、時すでに遅かった。アメリカの物量の凄さや考え方に驚いた。

Q 昭和19年2月のトラック島空襲で飛行機は失いましたよね。

A 終戦の時、飛べる完全な飛行機は一機だけあった。燃料はたくさん残っていた

Q 復員はいつ?

A 20年の12月25日に横須賀へ。米と麦を少し貰った。東京に出て、上野の山から、丸焼けの東京を見た。皇居のお堀で鯉を釣っている人が「戦前は釣ることができなかったので、鯉も大きくなっていますわ。」と、釣りに一生けん命だった。食うに食えない時やったからねえ。戦争に負けて、皇居のお堀の鯉を釣っても、誰も言わん時代やった。

一定の性能を維持し、機械で大量生産された戦闘機をおしげもなく投入するアメリカ。
一方の日本は手作りに近い戦闘機をピカピカに磨いて投入。歩兵は明治時代に作られた菊のご紋章入りの三八式歩兵銃を命よりも大事にすることを教育される・・・
Mさんの話から戦争の実相を教えられます
posted by うんちくウメッチ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

生き残った者もあわれです。  旅順攻撃

司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』がテレビドラマ化され、つい、昨日は旅順攻防をえがいていました。

先日亡くなった父は司馬さんの作品が好きで、『坂の上の雲』は数回読んだようでした。昨年までは、このテレビドラマを楽しみに見ていましたが、クライマックスに当たる、今回の旅順攻撃、日本海海戦を観ることなく逝ってしまいました。

僕は司馬さんの、それほど熱心な読者ではありませんが、父に勧められて『坂の上の雲』は読みました。面白く読めましたが、それ以上のめり込まず、どちらかというと、吉村昭さんの方をたくさん読んでいます。

歴史は好きですが、「歴史小説」はあまり読んでいません。小説より、ノンフィクションの方が面白かったためです。

ドラマを見ながら、ひょっこり思い出して、取り出したのが、写真の「感謝状」。
数年前に亡くなった、父の義理の弟、I叔父から「おれが持っていても、やがて消えてしまう。お前が預かってくれ」と頼まれた物。

I叔父の祖父、源之丞さんは旅順要塞、東鶏冠山保塁の攻撃で、重傷。足と腰をロシアの機関銃に撃たれ、「貫通銃創」、命は助かり、生還します。亡くなった父は「源之丞さんは、足と腰をやられ、土佐でいう「チンバ」で、百姓仕事は十分できなかった。田畑をひとに貸し、その上がりで食っていくようになった。傷痍軍人としての誇りで生きたようなもの」と、昔、語ってくれました。

死ぬも地獄、生きるも地獄の旅順。100年前の「感謝状」が物語るのは「悲しい歴史」です。

司馬さんは日露戦争を「祖国防衛戦争」と定義しましたが、「祖国」である日本の国土で戦われたわけではなく、当時の中国が戦場でした。

この司馬さんの定義には賛成しかねますが、司馬さんは晩年、バブル、土地投機に狂奔する「この国のかたち」を見て、「人間は進歩しない。世の中が便利になるだけだ」と「あきらめ」にも似た「司馬史観」を持って亡くなりました。龍馬や秋山兄弟だけで押えることのできない司馬さんの「哀しみ」を想います。

写真は「感謝状」明治40年

P1010791_R.JPG
posted by うんちくウメッチ at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。